合宿免許で自動車免許や、バイクの免許を取れる自動車学校が日本全国に数多く存在します。

この自動車学校の多くが、合宿免許専門といったわけでなく、通常の自動車学校、通学する自動車学校を兼ねている場合が多いいです。


通常の通う場合の自動車学校は、少なくとも数か月通う必要がありますが、合宿免許取得の場合は、数週間、早ければ2週件程度で自動車学校を卒業した認定が行われます。



しかしそこには早く取得できるメリットのほかに、デメリットも多少あります。それは、合宿という環境で、ストレスを生じること。


中には全く知らない方と相部屋になったりといった場合があるのです。


旅行気分で実に楽しかったという人もいる反面、知らない環境での長期滞在もかなりきつかったという人も少なくないです。

そして、短期間で習得しなければならないのですが、内容はもちろん通学の場合と何ら変わりません。

短いからと言って、実技、学科ともに習得内容、時間数は通学、合宿免許ともに同じです。

合宿免許のスケジュールについて興味がある方にオススメのサイトです。

ですからかなり1日拘束される時間が長く、しんどく感じる人も多いです。

また、あまりに短期間で運転技術を習得するわけですから、時間的に慣れていないまま卒業することになり、免許取得後もなかなか怖くて乗れないといった人もいます。

ですが、学生が夏休みを利用したり、時間が限られている環境にある人にとっては、この合宿免許はかなり都合のいいシステムだといえます。



通学名場合と比べて、料金は高めに設定されている場合が多いいですが、その分早く目標を達成できるわけですから、その分の時間を金銭に換算すれば、実に納得のいくものだと理解できます。
また、合宿には宿泊に伴う経費がかかるので、その分を差し引けば、さほど気になるような料金ではないです。
最後に注意しなければならないのは、合宿免許は短期間でというのが基本ですが、中には合宿であっても短期間で取得できない人もいます。


合宿とはいえ、認定基準は通常の自動車学校と同じなのです。

Copyright (C) 2015 合宿免許のメリットとデメリット All Rights Reserved.